Dr.小室のブログ

2017年9月 4日 月曜日

タバコと歯周病

こんにちは。
鴻巣市の歯科医院。
小室歯科医院。院長の小室です。

このご時世、喫煙者は肩身が狭くなっています。
タバコは、「百害あって一利なし」の典型的な物。
できるだけやめた方が良いと思います。
歯科医の立場からもそう思っています。
タバコのニコチンは血管を収縮させます。
歯肉炎(歯周病)は出血を伴ないやすいので、
それにより病気を早期発見することがあります。
しかし、血管が収取してしまうと出血が抑えられ
結果、歯周病の発見が遅くなり悪化させてしまう
事があります。
また、免疫機能を低下させてしまい歯周病への
抵抗力も下がり間接的に歯周病を悪化させます。
タバコのタールは歯に付着し美的にも悪くなり
ますが、更に汚れを付着させやすくしたり、
歯磨きがしずらく歯周病罹患の率が高くなります。
(タールは発がん性物質です。)
まあ、とにかく早くやめる事をお勧めします。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 小室歯科医院

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
埼玉県鴻巣市本町6-6-29

ホームページを見たとお伝え下さい
【電話番号】
048-543-7966

【診療時間】
月火水金
9:30~13:00 15:00~19:00
土曜日 9:00~15:00

【休診日】
木曜日・日曜日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら